毎日・世論フォーラム
第338回
2021年12月17日
関東学院大学教授 君塚 直隆

テーマ
「世界の君主制から日本の皇室を考える」

会場:ソラリア西鉄ホテル福岡

国民との距離縮める取り組み
皇室は情報発信を

君塚 直隆 関東学院大学教授
君塚 直隆 氏

プロフィール

君塚 直隆
(きみづか・なおたか)

 1967年、東京都生まれ。立教大文学部史学科卒業後、英国留学を経て上智大大学院文学研究科史学専攻博士課程修了。神奈川県立外語短大教授などを経て、関東学院大国際文化学部教授。専攻はイギリス政治外交史、ヨーロッパ国際政治史。
「エリザベス女王-史上最長・最強のイギリス君主」「悪党たちの大英帝国」など著書多数。2018年の「立憲君主制の現在-日本人は『象徴天皇』を維持できるか」(新潮選書)はサントリー学芸賞を受賞した。

 第338回例会は12月17日、福岡市のソラリア西鉄ホテル福岡であり、関東学院大の君塚直隆教授(英国政治外交史)が「世界の君主制から日本の皇室を考える」と題して講演した。君塚氏は英国など欧州の王室が活発に情報発信していることを紹介し「皇室がSNS(ネット交流サービス)などで発信すれば、より国民に近づいていける」と訴えた。
 君塚氏は国民と皇室、王室の距離を縮める取り組みとして、上皇ご夫妻が日本全国の被災地を慰問されたり、英王室のエリザベス女王が新型コロナウイルス禍でメッセージを出したりしたことなどを引き合いに、皇室からの国民に向けたアピールをより強めるべきだとの考えを示した。
 天皇陛下は「資源、地球環境としての水の問題」、皇后陛下は「子供の貧困や虐待問題」といった面で、国際舞台でさらに活躍できるとの期待を示した。テレビを通じて、天皇陛下の年頭メッセージを出すことも提唱した。
(講演要旨は準備中です)

年度別アーカイブフォーラム