毎日・世論フォーラム
第336回
2021年10月8日
認定NPO法人ロシナンテス理事長 川原 尚行

テーマ
「アフリカから見た日本の現状と将来」

会場:西鉄グランドホテル

アフリカから遠い国になった日本
新しい事業つくりたい

川原 尚行 認定NPO法人ロシナンテス理事長
川原 尚行 氏

プロフィール

川原 尚行
(かわはら・なおゆき)

 1965年9月、北九州市生まれ。福岡県立小倉高校、九州大医学部でいずれもラグビー部主将を務めた。九大大学院医学系研究科を修了後の1998年、外務省に入り、在タンザニア日本大使館に書記官兼医務官として勤務。英国、スーダンの大使館勤務を経て2005年、外務省を辞職した。06年5月、ラグビー仲間とともに北九州市に本部を置きロシナンテスを設立し、スーダンの無医村で医療支援活動を開始。現地の人々とともに、診療所や井戸づくり、人材育成も続ける。19年からザンビアでも活動している。

 アフリカのザンビアやスーダンで医療支援活動などにあたるNPO法人「ロシナンテス」(北九州市)の川原尚行理事長が10月8日、福岡市の西鉄グランドホテルであった毎日・世論フォーラム例会で「アフリカから見た日本の現状と将来」と題して講演した。
 川原さんは「日本はアフリカにいると『遠い国』になってしまっている。電化製品も、日本製から韓国製や中国製に置き換わっている」と指摘。「日本の特に若い人たちにアフリカに関心を持ってもらい、課題を解決する新規事業をつくり出したい」と語った。
 川原さんは外務省の医務官としてアフリカのタンザニア、スーダンで勤務した後、2006年にロシナンテスを設立。医療支援の他、現地で水の供給事業や教育の充実なども手掛けている。「きれいで安全な水を供給することも大きな医療支援になる。我々がいつまでもいるのではなく、現地の人が運営し、行政組織が管理できるように活動している」と強調した。
(講演要旨は準備中です)

年度別アーカイブフォーラム